わきがの悩み

わきがは臭いますよね

わきがで悩みとあるかと聞かれたら思い当たる節がある人は多いのでは、わきがは他人の脇から臭ってくることがあれば自分の脇から臭ってくる場合もあります。 真夏でも脇から悪臭が漏れない人でも、自分の脇を直に擦って臭いをかいでみたら残念な気持ちになってしまう人も少なくはないのではないでしょうか。 誰しもはじめから、わきがだったわけではなく成長するとともに徐々に脇の毛が成長して脇の毛穴の活動が活発になり、エクリン汗腺から大量の汗が出始めて、アポクリン汗腺からわきがの悪臭となる臭いが発生してしまいます。 これは成長にともなって男女ともに起こる症状ですので仕方ありませんが、個人差によっては度合いが違うので看過できない状態になってしまう場合があります。

わきが治療が必要なら

わきが治療が必要だと自覚を持った場合は実際に理療を行う必要がでてきます。 わきが治療には直接体にメスを入れて悪臭の元になるアポクリン汗腺そのものを切除して取り出すという方法もありますが、手術を行うことになるのでそれなりに経費と時間が掛かってしまいます。 本格的にわきが治療を行いたいなら上記の治療方法がお勧めですが、本格的な手術を行わなければならないほど深刻な症状ではない場合や体にメスを入れる手術を行うのに抵抗を感じるという場合は別の治療方法が存在します。 ボトックス・ボツリヌストキシン注射によって悪臭や汗を発する汗腺の活動を鈍らせることが可能です。 汗腺を切除する手術に比べて割安な治療費で施術することが可能です。 ただし、一定期間を過ぎたら注射の効力が切れてしまうので再度注射を行う必要がありますが、繰り返し注射を行うことによって汗腺の活動を萎縮させることができるので注射を繰り返すたびに効果が上昇していきます。 何にしろ、自分の都合に最も適したわきが治療を行うことが肝心ですので、最適な治療法を選択しましょう。