keyboard_arrow_right
アフターピル関連

危険ではないアフターピルが起こす体へ影響

女性

アフターピルは危険というイメージを持たれがちですがそうではありません。確かに体に入れるのもですから危機感を持つのはあたり前でしょうし、ましてやセックス後に服用するアフターピルは毒と思っている方もいるでしょう。また子どもが出来にくい体になると思われている女性もいるのではないでしょうか。しかしアフターピルはホルモン剤で毒などの体に害のあるものは入ってはいないのです。

アフターピルはホルモンの一種でつくられていると言ってもいいでしょう。ではなぜアフターピルはこんなにも悪いイメージを持たれているのでしょうか。その原因は日本の店頭では見かけないからでしょう。ですが海外では多くの女性に愛用されているのです。

女性がつくりだすホルモン

女性の体は女性ホルモンである2つのホルモンによって生理や排卵などが定期的に起こります。排卵前と排卵後では分泌されるホルモンの量が変化してきます。
生理が始まるころからエストロゲンというホルモンが分泌しはじめます。徐々に分泌量が増え始めて排卵前に大量に分泌されるのです。
そして排卵後から分泌しはじめるのがプロゲステロンというホルモンです。生理前に活発に分泌されるホルモンです。多く分泌された後に生理が起こります。
このプロゲステロンというホルモンがアフターピルに含まれているのです。

ホルモンが与える影響

エストロゲンは卵巣の中にある卵子を発育させ妊娠に備える役目を持ったホルモンです。このエストロゲンが卵を発育している時期が排卵日でこの時期はいつでも妊娠する可能性があるのです。

プロゲステロンは排卵後に卵子が子宮内に留まりやすくするための子宮を維持します。しかし卵子が精子と受精しなければ妊娠をしなかったと判断し、生理が起きるのです。

アフターピルが避妊するメカニズム

アフターピルにはこのプロゲステロンが多く含まれているため妊娠をしなかったと判断し体に生理をおこさせるのです。なのでアフターピルを服用後避妊に成功した際に出血するのはそのせいなのです。