keyboard_arrow_right
アフターピル関連

アフターピルが選ばれているわけ

アフターピルが選ばれるワケ

世界で最も選ばれているアフターピルはなぜこんなにも世界から支持を受けているのでしょうか。世界には様々な避妊法があるのも事実です。しかし、その中でも日本ではコンドームが多く使われている国なのです。

他にも中国では一人っ子対策として、第一子を出産後に避妊リングを子宮内に装着する避妊手術をしてしまう女性も多くいるのです。また、韓国では女性の避妊リング以外にも最近では男性が避妊手術を受ける男性が多くいると言われてピルの需要が減少してきていると言います。

しかしながら性交後手軽に服用できることや短時間で即効性があることから世界中の女性が愛用しているのです。

若い女性が好むピル

世界でも若い女性がアフターピルと言ったピル系を使用することが多いようです。アメリカでは20代前半のピル使用率が57%と最も高いのに対して、30代からは避妊手術を受ける女性が年々増えていく傾向にあります。
この結果から、出産を終えるころに多くの女性が避妊手術を受けるということが分かります。

アフターピルの副作用

やはり多くの女性が気になるのは副作用ではないでしょうか。アフターピルの副作用として一番に上がるのは吐き気・嘔吐と言った症状です。この症状は体がホルモンを多く含んだアフターピルに拒否反応を起こしてしまうからなのです。しかし、服用から2時間以内に嘔吐をしてしまったらもう1錠服用しなくてはなりません。

嘔吐をしないためにも吐き気止めと併用すると良いでしょう。また、時に腹痛や頭痛と言った症状が出る女性もいます。その場合も鎮痛剤を一緒に服用しましょう。

アフターピルでも副作用をおこさない

最近では副作用が出にくくなったアフターピルも存在します。アフターピルの成分のほとんどが女性ホルモンということもあり体への影響も考えられてつくられているアフターピル。最近では日本でも多くの女性がアフターピルを使用しています。

アフターピル関連

避妊を確実にするために

考えるしぐさをする女性

セックスは決して子どもを望む人たちがおこなうだけではなく、セックスをコミュニケーションのひとつとしておこなう人たちもいます。ですがそのような行為で避妊をしないと妊娠してしまう可能性があるのです。望まない妊娠をしないためにも避妊をすることがマナーではないでしょうか。
男性の一般的な避妊法はコンドームを装着することで妊娠を防ぐことができます。

しかし男性のコンドームが破損してしまった場合に避妊をせずに放置しておくと女性側が妊娠をしてしまう可能性があるでしょう。そんな時に女性が出来る避妊法がアフターピルです。
アフターピルは行為後に服用することによって高い確率で避妊をしてくれる緊急避妊薬と呼ばれる避妊薬です。

アフターピルは性交後にすぐに服用しましょう

アフターピルを服用する上で避妊率を完璧にする方法は行為が終わったらすぐに服用することです。この服用の仕方で妊娠をほぼ完璧に防ぐことが出来ます。99%の確率で避妊効果を発揮すると言われています。

しかし服用時間が長引けば長引くほど確率は低下してしまいます。そしてアフターピルのタイムリミットは72時間と言われています。それ以降の服用は効果が激減、または効かないと言われています。

アフターピルを早く服用するためにも備えておく

避妊に失敗して焦ってしまう前に、前もってアフターピルを備えておくことが妊娠の確立を「0」にする方法です。コンドームは確かに手軽に購入することができる避妊アイテムですが、破損の恐れもあるのです。また使う前から破損している可能性もあるでしょう。

望まない妊娠をしないように避妊をすることがセックスを楽しむための「ミソ」と言えます。そのためにもやはりアフターピルを通販で買うことで備えましょう。
また、女性の場合はセックスを強要されて望まない妊娠をしてしまう人もいます。それは女性ならだれしもがあり得ることなのです。自分の身を守るためにもアフターピルがあるのです。