keyboard_arrow_right
アフターピル関連
アフターピル関連

避妊を確実にするために

考えるしぐさをする女性

セックスは決して子どもを望む人たちがおこなうだけではなく、セックスをコミュニケーションのひとつとしておこなう人たちもいます。ですがそのような行為で避妊をしないと妊娠してしまう可能性があるのです。望まない妊娠をしないためにも避妊をすることがマナーではないでしょうか。
男性の一般的な避妊法はコンドームを装着することで妊娠を防ぐことができます。

しかし男性のコンドームが破損してしまった場合に避妊をせずに放置しておくと女性側が妊娠をしてしまう可能性があるでしょう。そんな時に女性が出来る避妊法がアフターピルです。
アフターピルは行為後に服用することによって高い確率で避妊をしてくれる緊急避妊薬と呼ばれる避妊薬です。

アフターピルは性交後にすぐに服用しましょう

アフターピルを服用する上で避妊率を完璧にする方法は行為が終わったらすぐに服用することです。この服用の仕方で妊娠をほぼ完璧に防ぐことが出来ます。99%の確率で避妊効果を発揮すると言われています。

しかし服用時間が長引けば長引くほど確率は低下してしまいます。そしてアフターピルのタイムリミットは72時間と言われています。それ以降の服用は効果が激減、または効かないと言われています。

アフターピルを早く服用するためにも備えておく

避妊に失敗して焦ってしまう前に、前もってアフターピルを備えておくことが妊娠の確立を「0」にする方法です。コンドームは確かに手軽に購入することができる避妊アイテムですが、破損の恐れもあるのです。また使う前から破損している可能性もあるでしょう。

望まない妊娠をしないように避妊をすることがセックスを楽しむための「ミソ」と言えます。そのためにもやはりアフターピルを通販で買うことで備えましょう。
また、女性の場合はセックスを強要されて望まない妊娠をしてしまう人もいます。それは女性ならだれしもがあり得ることなのです。自分の身を守るためにもアフターピルがあるのです。

アフターピル関連

危険ではないアフターピルが起こす体へ影響

女性

アフターピルは危険というイメージを持たれがちですがそうではありません。確かに体に入れるのもですから危機感を持つのはあたり前でしょうし、ましてやセックス後に服用するアフターピルは毒と思っている方もいるでしょう。また子どもが出来にくい体になると思われている女性もいるのではないでしょうか。しかしアフターピルはホルモン剤で毒などの体に害のあるものは入ってはいないのです。

アフターピルはホルモンの一種でつくられていると言ってもいいでしょう。ではなぜアフターピルはこんなにも悪いイメージを持たれているのでしょうか。その原因は日本の店頭では見かけないからでしょう。ですが海外では多くの女性に愛用されているのです。

女性がつくりだすホルモン

女性の体は女性ホルモンである2つのホルモンによって生理や排卵などが定期的に起こります。排卵前と排卵後では分泌されるホルモンの量が変化してきます。
生理が始まるころからエストロゲンというホルモンが分泌しはじめます。徐々に分泌量が増え始めて排卵前に大量に分泌されるのです。
そして排卵後から分泌しはじめるのがプロゲステロンというホルモンです。生理前に活発に分泌されるホルモンです。多く分泌された後に生理が起こります。
このプロゲステロンというホルモンがアフターピルに含まれているのです。

ホルモンが与える影響

エストロゲンは卵巣の中にある卵子を発育させ妊娠に備える役目を持ったホルモンです。このエストロゲンが卵を発育している時期が排卵日でこの時期はいつでも妊娠する可能性があるのです。

プロゲステロンは排卵後に卵子が子宮内に留まりやすくするための子宮を維持します。しかし卵子が精子と受精しなければ妊娠をしなかったと判断し、生理が起きるのです。

アフターピルが避妊するメカニズム

アフターピルにはこのプロゲステロンが多く含まれているため妊娠をしなかったと判断し体に生理をおこさせるのです。なのでアフターピルを服用後避妊に成功した際に出血するのはそのせいなのです。